石川県金沢市の社会保険労務士 人事業務の外部委託|冨田社会保険労務士事務所

石川県金沢市の社会保険労務士事務所。人事労務相談・給与計算・社会保険手続きから、役所臨検対応・人事制度設計・社外相談室までさまざまなご相談を承ります。

ホームトピックス ≫ 雇用保健料の引き上げ ≫

雇用保健料の引き上げ

2023年4月から、雇用保険の料率が、現在から0.1%ずつ引き上げられます。
昨年に2段階に分けて料率が変わりましたが、半年でまた上がることになります。
 
雇用保険とは、労働者と事業主の両方が負担する労働保険で、失業や育児・介護休業をしている人に、再就職や復帰を手助けするなど、雇用に関する支援を行うためのものです。
「失業手当」「育児休業給付金」「介護休業給付金」や、就業促進・教育訓練など雇用を安定させるために使われています。
 
2022年3月までは、一般の事業で、労働者負担が1000分の3,事業主負担が1000分の6でしたが、4月から労働者は同料率で、事業主負担のみが1000分の6.5に上がりました。
同年10月には、労働者・事業主双方とも、0.2%ずつ上がり、労働者が1000分の5、事業主が1000分の8.5となりました。
そして今年の4月からは更に0.1%ずつ上がり、
一般の事業で、労働者負担 1000分の6、事業主負担 1000分の9.5
農林水産・清酒製造の事業で、労働者 1000分の7、事業主 1000分の10.5
建設の事業で、労働者 1000分の7 事業主 1000分の11.5 となります。
 
コロナ禍による雇用調整助成金の給付や、失業者の増加に伴う給付などにより、財源が逼迫しているための措置ですが、昨今の物価上昇に加えて、1年で0.3%の今回の引き上げは、更なる家計の圧迫となりそうです。
2023年03月07日 12:41

冨田社会保険
労務士事務所

初回相談無料

TEL 076-255-7573
(8:30〜17:30 受付)
土日・祝日除く

月別ブログアーカイブ

2023 (12)

モバイルサイト

冨田社会保険労務士事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら