人事業務の外部委託なら冨田社会保険労務士事務所|石川県金沢市

石川県金沢市の社会保険労務士事務所。人事労務相談・給与計算・社会保険手続きから、役所臨検対応・人事制度設計・社外相談室までさまざまなご相談を承ります。

ホームトピックス ≫ DXの推進 ≫

DXの推進

経済産業省は、日本企業の課題である「DX」の推進が遅れていると指摘しています。
最近よく聞くようになったこの「DX」ですが、これは「デジタルトランスフォーメーション」の略になります。この言葉だけではどういった意味かわかりにくいのですが、一言でいうなら、「デジタル技術によってビジネスを変革・改革する」ということになります。
 
ここから先は、複雑になってしまうため、経済産業省のホームページ等で詳しい内容を確認していただきたいのですが、なぜ今この「DX推進」が注目されているかといいますと、2018年に経済産業省が発表したレポートに理由があります。そこには、「2025年の崖」という言葉があり、そのレポートによると、既存システムの老朽化、またそのシステムを担う人材の高齢化、最新システムを支えるIT人材の不足などが、2025年に一気に表面化するだろうとされています。
現在その危機を見越して、本格的にDXを進めているのは、一部の企業だけにとどまっているため、国をあげて「DX」を進めるよう企業に働きかけているのです。
 
スピーディーにDXを進めていくためには、システムの刷新とともに、人材の育成・確保も必要になります。
国は、大学等との連携や、スキルの標準化・試験の導入などで人材を育成することはもちろん、ITエンジニアの地位や年収の向上も進めていくように指南しています。
 
これから企業が生き残るためには、大変ですが、ビックデータ等でマーケティング効果の向上を図ったり、FAXなどのレガシーテクノロジーから脱却したりと、ITを活用しデジタルを当たり前として利用していかなければならないのでしょう。
2022年07月12日 12:08

冨田社会保険
労務士事務所

初回相談無料

TEL 076-255-7573
(8:30〜17:30 受付)
土日・祝日除く

モバイルサイト

冨田社会保険労務士事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら